転職計画を立てる

転職サイトへ登録した後にすべきことは、転職計画を立てることです。

(転職計画を立ててから転職サイトへ登録という順番でも良いのですが、転職サイトへ登録してから転職コンサルタントと面談するまでに数日は時間が掛かるので、私は時間のセーブのために先に転職サイトへ登録を済ませました。)

転職活動は、企業が中途入社の求人を出している限りいつでも出来るので、自分のタイミングで始めても全く問題ありません。ただし、自分が気に入るような求人がいつでもあるとは限らないし、転職活動の流れを「応募→書類選考→面談→役員面談→内定→入社」とした場合、通常だと3ヶ月から4ヶ月くらい掛かるので、今いる会社の業務引き継ぎ期間なども考えて、「3ヶ月から半年後くらいに次の会社へ入社出来る状態を作る」という心づもりで居るのが良いと思います。

私は、転職コンサルタントとの面談前に、今までのキャリアの棚卸しをして職務経歴書を書き上げ、自己分析を済ませることにしました。

その後は、3ヶ月で内定を貰い、内定を貰ったタイミングで今居る会社に辞表を出し、辞表提出の1ヶ月後退社し、2週間のリフレッシュ休暇を取った後、新たな会社に入社するという内容でスケジュールを引きました。

書いた当初は、こんな理想的にトントン進む訳ないので、もしスケジュール通りに行かなかったとしても、あくまで転職活動の目的は「より良い仕事に出会うこと」なので、焦らずに目的を失わないようにしようと考えていました。

ですが、結果的に自分が当初描いたスケジュール通りに進んで行ったので、転職活動をする時にスケジュールをあらかじめ引いておくということは大切だなと実感しました。

コメントを残す

サブコンテンツ