履歴書と職務経歴書の準備

転職活動をするにあたって必要になるのが履歴書と職務経歴書です。就職活動の時に作ったデータの履歴書があったのでそれをアップデートして用意していたのですが、実際には使う場面はありませんでした。

というのも、転職エージェンシーに登録する際に、学歴や職歴、自己PRなどをWeb上で入力するので、その登録内容を活用して転職エージェンシー側が履歴書として使ってくれたからです。

履歴書は特に準備する必要はありませんが、職務経歴書はその後の書類選考の合否を決めるくらいに大切な書類なので、きちんと準備することが必要です。

職務経歴書は、簡単に言うと「自分の仕事の経験や実績、スキルなどを時系列でまとめたもの」です。どのようなポジション・役割で、どのようなプロジェクトに参画し、どのような実績を上げ、どのようなスキルを発揮・習得したかということを具体的な売り上げ数字などを挙げながら自己PRに繋げることが大切になります。

私は、新卒の時についた上司が転職組だったこともあり、新卒の段階から毎年自分の職務経歴書を更新するようにと言われていて実践していたこともあって、元となる職務経歴書が既に存在し多少の更新程度で済んだので非常に楽でした。

ですが、周りの友人に聞いてみると、職務経歴書を書くこと自体が転職活動の最初の難関のようです。確かに、職務経歴書を書くにあたっては自身のそれまでのキャリアの棚卸しを行い、自身の売りに繋がるようなところを選んで編集したりという作業が発生するので、時間と労力が掛かるのだと思います。

ですが、必要であれば転職エージェンシーのコンサルタントが書き方のアドバイスをしてくれたり添削をしてくれたりもするので、自分だけで抱え込まず周りに相談してみても良いのではないかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ