英文の履歴書と職務経歴書

日系の企業を受ける時に必要ないのですが、外資系企業を受ける時に必ず必要となるのが英文の履歴書と職務経歴書です。私は外資系企業を受けることも視野に入れていたので、日本語の履歴書と職務経歴書を作るタイミングで、まとめて作ることにしました。

 

仕事で英語が必要だったので、英語力はビジネスレベルまであるのですが、履歴書と職務経歴書を作るとなると話は全く別でした。日本語の履歴書と職務経歴書に雛形があるように、英文の履歴書と職務経歴書にもフォーマットがあるようなので、まずは専用の本を買って勉強することにしました。

 

専門書を読んで分かったことなのですが、英文の履歴書と職務経歴書は書くべき要素もフォーマットも日本語のものとは全く違いました。まず履歴書ですが、写真や性別、年齢などは一切必要ありません。その代わりに、学歴や職歴、資格、スキルなどを細かく書いて行く必要があります。職歴が浅い人は学歴→職歴という順に書いていき、アピールすべきキャリアが十分にある人は職歴→学歴という順に書いていくのが効果的とのことだったので、私は職歴→学歴という順で履歴書を書いてみました。

 

また、英文の職務経歴書は書くべき要素とフォーマット共にほぼ日本語の職務経歴書を書くような感覚で作って問題なさそうでした。ただ気をつけるべきポイントが2点あります。一つは、どのような経験をしてきたかを記述する際に、accomplish(達成した)やgenerate(生み出した)などと力強い、所謂「パワーイングリッシュ」と呼ばれるビジネスで多用される動詞を使ってアピールする必要があります。また、職務経歴を記述した後に別項目でスキルやパーソナリティなどで人柄もアピールする必要があります。

 

英語の書類はフォーマットも使う単語も少し独特なので、出来れば専門の本を読んで勉強しておいたほうが安心だと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ