求人票のチェック 薬剤師などは転職会社から貰えます

DODAのコンサルタントとの面談を終え、提案された求人票をチェックすることにしました。一つ感心したのは、DODAのコンサルタントが自社のキャリアコンサルタントの求人票を持って来なかったこと。

実は、学生時代の友人や先輩と話していて、ある大手の転職エージェンシーでは、自社のキャリアコンサルタントの求人票もついでに提示して、ちょっとした勧誘めいたことをしてくるという話を何度か聞きました。

転職者の弱みにつけ込んでいるようであまり好ましくないなという話をその場でしていたこともあって、DODAのコンサルタントからそういう話をされたらどうしようと少し警戒していたので、そういう話にならなくてホッとしましたし、そこもDODAのコンサルタントへの信頼感が増したポイントでもありました。

提案してもらった求人票をいくつか見てみたのですが、元々希望していた企業の求人票以外に魅力的な求人はありませんでした。ですが、転職希望者は平均して10社ほど応募しているというデータを見たことがあるので、1社だけ応募という訳にも行かないだろうと、第2希望、第3希望まで決めることにしました。

ただ、第2希望と第3希望の会社に関しては年収やその他の条件などは良かったもののその後のキャリアプランがなんとなく想像しずらいなという感じを受けました。第1希望の企業以外、なかなかピンとくる求人に出会えなかったことと、私自身今すぐに何がなんでも転職したい訳ではなかったこともあって、一旦は第一希望だけ応募して、もしダメだった段階で第2希望、第3希望の企業を受けて行くということにしました。

自分の考えが纏まったので、翌日にはキャリアコンサルタントの人にメールで希望を伝えたところ、理解してもらえたので、早速第一志望の企業へ応募してもらうようになりました。

なお、薬剤師の場合は少し勝手が違ってきます。キャリアコンサルタントがどんどん勧めてくれます。

薬剤師の求人内容ですが、調剤薬局や病院、ドラッグストア(OTC)などが中心になります。製薬会社にも薬剤師がいますので、そういった方面で働くこともできます。

コメントを残す

サブコンテンツ