面接の前に転職コンサルタントにヒアリングを実施

面接の日時が決まって、私は面接に関するヒアリングを転職コンサルタントにしました。

具体的には、「先方の出席者は誰なのか」「過去の転職希望者が面接をした時にどのような雰囲気でどのような質問があったか」などです。

 

まず大切なのは、先方の出席者を確認することです。人事なのか現場の部課長なのか、役員も入ってくるのか、先方の出席者によって質問される内容も変わって来るので事前に分かる範囲で把握しておくと面接の心づもりができます。

また、大手では過去の転職者の事例などをデータとして持っているので、過去の面接ではどのような雰囲気でどのような質問がされたかを聞くと、面接のシュミレーションにもなるので安心です。

 

大手の転職エージェンシーでは転職希望者側の窓口が転職コンサルタント、企業側の窓口が営業担当と、担当者が別れているケースがあります。

なので、転職コンサルタントから企業の営業担当にヒアリングをしてもらう必要があります。

転職コンサルタントが分からなかったりその場しのぎの適当なことを言ってきたら、「営業担当に確認してください」と言うと良いと思います。

面接にあたって、事前に情報収集をするとその分面接の成功にもつながります。あれこれ聞くと迷惑なのではないかとひるまずに、仕事を進めるのと同じ感覚できちんと聞くべきことは聞くようにすることをおすすめします。

 

実際に、私も面接前に上記の質問を転職コンサルタントに聞いたところ、ちょっと適当な返しをされました。

なんとなく未確認で話しているなという直感がしたので、営業担当にヒアリングしてくださいとお願いしたところ、最初に聞いた情報とは違った情報が出てきました。面接を受ける前に、正しい情報を手に入れることも大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ