辞表を出して、入社日を決定

退職までのスケジュールが決定し、社内への情報解禁も済み、引き継ぎがスタートしました。そのタイミングで、会社指定のフォーマットで退職願いを出すことになりました。

 

内定が出てから退職の相談などバタバタと続いていたので、自分のことなのに自分事とは思えず淡々としていたのですが,退職願いを書いた時に、始めて少し淋しいような気持ちになりました。

縁あって入社した会社だったので、会社を去るということ、職場の仲間達と会えなくなると考えると、感傷にひたってしまう自分がいました。

 

ですが、会社を辞めるのはあくまでも自分の都合。

自分が感傷にひたるのは自分の都合を振り回しているだけなので、出来るだけ感情をあまり外に出さずに辞表を提出し、今までお世話になった感謝の気持ちを伝え、引き継ぎまで自分の役目をしっかり果たすので退社日まで引き続きよろしくお願いしますということをしっかりと伝えるようにしました。

 

一旦、会社を辞める手続きはほぼ完了したので(まだ引き継ぎは残っていますが)、新しい会社への入社日を決めることにしました。

有休消化を含めて1ヶ月半後には入社出来ることになります。有給が2週間あるのでそこで十分リフレッシュ出来ると考え、新しい会社へは1ヶ月半後に入社したいという希望を伝えました。

新しく勤める会社としては、1ヶ月後には来て欲しいとのことだったのですが、引き継ぎもあるし、何よりもリフレッシュして新しいスタートを切りたいという自分の気持ちがあったので、転職コンサルタントの人に交渉をお願いして、結局、当初の希望通り1ヶ月半後の入社に決まりました。

入社日のスケジューリングも、転職コンサルタントの人が交渉してくれるので、こちらとしてはストレスを感じることなく入社日が希望通り決まったのでとても助かりました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ