退社から入社まで

転職活動を始める時にスケジュールをきちんと引いたこともあって、有給をフルで消化して退社後、直ぐに新しい会社へと入社することができました。

そのため、年金や保険の手続きも自分自身でする必要がなく、また収入が途絶えずに済んだので、転職に掛かる手間やお金の心配をせずに済む事が出来ました。

 

ですが、同時期に会社を辞めた同僚は次の会社が決まる前に会社を辞めたため、後から聞くと色々な苦労をしたそうです。

彼女は会社を辞めても雇用保険に入っているから失業保険が下りるはずと思っていたらしいのですが、彼女は自分から退社したので「自己都合退職」になります。

自己都合退職だと、失業保険がおりるのは、ハローワークでの手続きが終わって約3ヶ月後からになります。つまり3ヶ月間は収入が途絶えるという事態に陥ったそうです。

 

それは困るということで、ハローワークで「自己都合退職とは言っても、サービス残業続きで転職活動が出来なかったので、会社側の責任もあって会社を一旦辞めて転職活動をせざるを得ない」というロジックでなんとか自己都合退職ではなく会社都合退職に変えて給付金をすぐに貰えるように交渉したらしいです。

ですが、自己都合退職というのは簡単には覆らないようで、結局3ヶ月後からの保険金給付となり、3ヶ月間は無収入でとても苦労したそうです。

3ヶ月間の無収入の期間にも年金や保険の手続きをしたりと、かなり手間だったそうです。

 

会社を辞めるということは、年金や保険を自分で払うということ、そして収入がなくなるということ。

このことを踏まえて、在職中に転職先を決めるか、金銭的な余裕を確保した上で会社を辞めて転職活動をすべきなのだなと痛感しました。

コメントを残す

サブコンテンツ