DODAとリクルートエージェントを選んだきっかけ

転職サイトへ登録するにあたっては、最初から大手2社と業界特化型の1社ということに決めていました。大手2社でも、DODAとリクルートエージェントの2社に絞ったきっかけは、やはり転職サイトの口コミです。

大手の転職サイトは、DODAとリクルートエージェント以外にも色々あります。マイナビエージェントやパソナ、enジャパン、typeなどは一般的な知名度も高いのではないかと思います。

typeやマイナビエージェントはどちらかというとSEの転職に強い傾向がありますが、実際はどの職種でも問題なくサポートが得られます。

私は、数多くある大手の転職サイトの中でも、実際に転職した人がネット上で書き込んでいる評判が良く、また周りの友人や先輩からの評判も高かったDODAとリクルートエージェントを選ぶことにしました。

DODAとリクルートエージェントが評判が良かったのには、2点理由があります。まず第一に抱えている求人が質と量の両方素晴らしいということ。

そして、転職コンサルタントの能力が高いということです。転職活動をするにあたって必要なのは、受け入れ先である企業の求人です。

求人の質と量の両方素晴らしいということは、その分転職活動の成功に直結します。また、転職活動を共に戦っていく転職コンサルタントの能力が高いということも、転職活動の成功に直結します。

 

単純で明確な2点の理由からDODAとリクルートエージェントを選ぶことになりましたが、転職活動を終えて自分の体験からも、この2社を選んで良かったなと心から思います。

転職エージェンシーの中には、登録や面談だけさせてその後転職者へのサポートも全くなく放置したり、転職者のキャリア構築などは無関係に手当たり次第に企業を受けさせて内定を出し手数料を稼ぐという悪質なところもあるようです。

転職は人生にとって大きな決断となります。悪質な転職エージェンシーに騙されないように、ネットの口コミや周りの評判を参考にして選ぶようにすると良いと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ